事務所ブログ

2013年7月13日 土曜日

ワンピース世代とガンダム世代

世代の分類として、ワンピース世代(30歳前後)、ガンダム世代(40~50代)という言葉があるそうです。これらは言うまでもなく、それぞれの時代にはやった漫画、アニメに由来するものです。特徴としては、ガンダム世代は、多少理不尽なことを要求されても自分が所属する企業などの組織に忠誠を尽くそうとするのに対し、ワンピース世代は、組織に対する忠誠よりも、仲間との友情を何よりも大切にするとされています。・・・ちなみに私は世代的にはガンダム世代です。

投稿者 加塚法律事務所 | 記事URL

2013年3月 3日 日曜日

日本の怖い数字

現在の日本の姿を具体的な統計数値を示すことであぶりだすというのがこの本のコンセプトです。ここで示されているものとしては、 ・最近15年間のGDP縮小率は約10%、最近10年間の餓死者は1万7881人、過去20年間で行方不明のままの人は19万8450人、学習障害の児童数は過去5年で5.4倍、フィリピン人と結婚すると離婚率は90%以上、2011年、大熊町の空き巣被害は前年比22.9倍・・・数字の持つ重みをまざまざと感じさせられます。 

投稿者 加塚法律事務所 | 記事URL

2013年2月11日 月曜日

ホームロイヤー

先日、弁護士会でホームロイヤーに関する研修を受けてきました。ホームロイヤーとは、高齢化社会における高齢者の権利擁護のため、トータル的に、継続的な支援をするため仕組みとして考えられているものであり、「かかりつけ医」の法律家版といえるものです。
ホームロイヤーの仕組みを利用する際には、ホームロイヤー契約というものを締結することになり、想定されている費用は月額6000円~2万円ほどとのことです。内容的には、定期的な安否確認とともに法律相談その他困りごと相談を中核とし、必要に応じて財産管理等をオプションとして追加することもできます。今後の活用が期待される仕組みです。

投稿者 加塚法律事務所 | 記事URL

2013年2月 3日 日曜日

50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか

管理会計についての入門的内容が、小説仕立てでわかりやすく学べる安曇教授シリーズの1冊です。冒頭の質問については、単純に考えると100円の値上げの方が儲かるように思いますが、原材料費は変わらないものとして、限界利益率を計算してみるとそれぞれの違いが分かります。なお、限界利益とは売上高から変動費を引いたものであり、変動費とは材料費など売り上げの増減に応じて変動するものであり、地代・家賃など売り上げの増減にかかわらず一定の出費となる固定費と対比されます。さらりと読めますが、内容的にはなかなか深いものがあります。

投稿者 加塚法律事務所 | 記事URL

2013年1月26日 土曜日

成長しなければ即死する

「現実を視よ」ファーストリテイリング代表取締役柳井正著、の冒頭に出てくる言葉です。著者は言わずと知れたユニクロの運営会社の社長です。同社は、海外との競争を強く意識し、通年採用、英語公用語化などの制度を取り入れています。最終的に目指すところは、圧倒的なナンバーワンとのことで、その理由は現代のビジネスは、ウィナー・テイクス・オールだからだそうです。この本で示されている価値観や考え方については、賛否両論あり得るでしょうが、少なくとも同社で働くという場合には、趣旨に賛同していなければきついでしょうね。勇将の下に弱卒無しとも言いますが、実際どうでしょうか。

投稿者 加塚法律事務所 | 記事URL